勃起障害と薬について

疲れのせいか年齢のせいか、このところ勃起しなくて困り果てているんです…なんて相談を受けることがあります。
勃起不全の原因といってもさまざまなので、この理由があるからあなたは勃起しないのだ、とは一概には言えないものなんです。身体的なものなのか、精神的なものなのか、そのあたりを見極めるためには医療機関を受診して、細々チェックするよりほかないのですが。
しかし最近は便利な世の中になりましたね。インターネットを介して、やる気になれば個人でも勃起薬を手に入れることができるんですから。勃起薬と言ってはいけないのかな。いわゆる、ED治療薬ですよね。EDって言葉はよく耳にしますが、いったい何なのか、ちゃんと説明できる人はそう多くはないと思います。ED、つまりErectile Dysfunction、日本語にすると勃起障害です。
もうかれこれ15年以上前になりますね。画期的な治療薬が世に登場しました。そう、皆さんご存知、バイアグラです。奇跡の青い錠剤、男を蘇らせる薬、などといわれました。
私、思うんですがね、こういった薬が製造されること自体はとても良いことだとは思います。しかし、あまりにも軽率に手を出す人が多いというところ、私は危惧しますね。
最近ではもう、数多のED治療薬が世の中に溢れています。どれを選んだらいいのかな、と悩む方も多いことでしょう。
たとえばバイアグラのジェネリックとして登場した、カマグラ。これはもう名前からしてすごそうですよね。猛烈です。しかし効果効能としては飛び抜けてすごいというわけではありません。突然飛び抜けてしまったらそれはそれで大変なことです。
利点はなにより、ジェネリックだから費用を抑えることができるということです。それでいて、効果が薄れることなどないのです。よって私は、冒頭の相談を受けたときには、カマグラを推薦しております。
勘違いしてはいけないのが、これらの薬は媚薬でもなんでもないということです。あくまでも、治療薬であるということを常に念頭に置いてください。しっかりと薬そのものの性質を把握して、むやみやたらに使用するのではなく、最大効果を発揮させるためにはいつ服用するのがいいのか、はたまた同時に服用してはいけない薬は何か等、目的、服用方法を間違えずに、薬と向き合ってください。そうすれば自ずと薬に対する知識も蓄えられますし、効果効能を存分に享受することができるでしょう。